おすすめキャットフードランキング!愛猫の健康を守る安全な猫エサ

猫がケガをしたり事故に合った時の応急処置

愛猫に長生きして欲しいと飼い主は願うものですよね。
そのためには猫の健康管理がカギになります。

 

食事に気を付ける・適度な運動・ストレスを溜めさせないなど。
健康管理は無数にありますが、中でも特に気を付けないといけない事は愛猫に起こる事故に対しての対処です。

 

これは命に直結するような健康の問題です。
ここでは飼い主なら知っておくべき万が一の事故に備えて知っておきたい事を勉強しましょう。
どれもいつ起きてもおかしくありません。

 

出血している時

血が出ている場所を確認してから、すばやく傷口の周りの毛を刈ります。
ガラスの破片などがあれば取り除いてあげてください。

 

出血が少ない時には水道水などで傷口を洗ってガーゼをして包帯を巻いて止血します。
もしも、出血がひどい場合には止血だけして早めに獣医へ見せましょう。

 

交通事故に合ったら

猫を飼っていて特に心配なのは交通事故。
猫が車にひかれて亡くなる事は珍しくありません。

 

車にはねられてあちこちにけがをしているのなら、
担架の代わりになる平らな板に布を敷いて猫を寝かせます。

 

ケガの状況をざっと観察して獣医の指示に従い病院へ行きましょう。
骨折や外傷もなくても後日、血尿や嘔吐の症状が出る事があります。
重体に陥る可能性もあります。

 

また、マンションなどでも猫を飼う人は多いですが、猫が窓から落下する時があります。
交通事故同様に内臓の損傷を疑いましょう。
かすり傷程度に見えても獣医に診察してもらう事が大事です。

 

窒息する

ものを喉に詰まらせる事があります。
苦しんで、舌が青くなっていたら窒息状態です。
呼吸困難から意識不明の重体に陥る事もあります。

 

異物を早くに出さないといけません。
親指と人差し指が犬歯の後ろに位置するように頭をもって、口を開けて舌を押さえます。
それから指やピンセットを使い異物を取り除きます。
猫がもがいて暴れるのでタオルでくるむのがコツです。

 

自分で対処できそうにないのなら早く病院へ連れていきましょう。

 

蜂に刺された

蜂に刺されると刺された部分は腫れて痛みがあります。
氷のうなどで局部を冷やし獣医のもとへ。
蜂毒のアレルギー反応を起こし発熱や嘔吐、ショック症状などに陥る事もあります。

 

歯肉が青白く呼吸や脈が異常に早い時には、横に寝かせて舌を引き出して、気道を確保して病院へ行きましょう。

 

感電死する

猫が電気コードで遊んでいる時に感電してしまう事もあります。
感電のショックで心臓が止まる時もあるのです。

 

呼吸や心臓が動いていない時には人工呼吸をします。
ショック状態に陥り呼吸や脈が速い時には、横に寝かせて舌を引っ張り出し気道を確保します。

 

そして、一刻も早く病院へ行きましょう。

 

まとめ

 

愛猫が長く生きてくれた方がいいというのは、飼い主なら誰でも願うもの。
日々の食事や運動など長生きしてもらうためには気を付ける事は多いです。

 

さらに万が一の事態に陥った時に冷静に対処できる事も愛猫の命を守る事です。
この時の飼い主の判断次第では猫の命を守る事ができません。

 

愛猫に長生きしてほしいと願うならもしもの時に備えてここに挙げた事も理解しておきましょう。
飼い主は万が一の時にも愛猫の健康を守る必要があるのです。